PAST PRODUCTION
 

『七一年目の桜』

作・演出 福地海斗

​ 2017年3月8日に、八王子市芸術文化会館いちょうホールにて公演。新聞社5社、テレビにて取り上げられ、反響を呼んだ。ドイツ・ヴリーツェン市で伝染病医療に従事し、殉職した日本人医学博士・肥沼信次を題材としている。

キャスト​​

​石田哲也

吉川賢二​

長井健一

松田無作

山田優子

大塚彩咲

​福地海斗

制作

衣装:たばえみる​

写真:中島正行

美術監督:松河直美

音楽監督:大上宗人​

​企画制作:劇衆 オの組

後援​:八王子市、八王子市教育委員会、Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会

幻ノ國(旧・劇衆 オの組)

第一回公演「七一年目の桜」

『落陽の黙示録』

作・演出 福地海斗

​ 2017年9月1日に、八王子市芸術文化会館いちょうホールにて公演。旗揚げ公演である、「七一年目の桜」とは​違った角度から肥沼博士を取り上げ、反戦をテーマに独特の表現方法、演出で公演を行った。

キャスト​​

大塚彩咲

長井健一

二瓶大河

吉川賢二

石田哲也

飯島瑛里

杉崎夏子

野戸清彦

福地海斗

​制作

事務制作:山口雄一

​     儀間力丸

衣裳デザイン:中村利行

衣裳制作:たばえみる

     渡辺このみ

写真:annpann002

美術監督:藤木智慧

音楽監督:大上宗人

フライヤーデザイン:松河直美

SC:佐々木光夫

演出:福地海斗

企画制作:劇衆 オの組​

後援:八王子市、八王子市教育委員会、

Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会

幻ノ國(旧・劇衆 オの組)

第二回公演「落陽の黙示録」

『竜宮城の山羊』

​作・演出 福地海斗​

​ 2018年夏に、沖縄県おきなわ芸術文化の箱アトリエ銘苅ベースにて劇団初の地方公演。沖縄の劇団との対バン公演として二つの劇団が同じ戯曲を違った演出・キャストで上演するという企画を遂行。

キャスト​​

二瓶大河

杉崎夏子

石田哲也

長井健一

飯島瑛里

吉川賢二

大塚彩咲

白水英宣

張替優花

土佐林清美

福地海斗

​制作

衣装:中村利行

写真:あんパン

音楽監督:大上宗人

フライヤーデザイン:松河直美 藤木智慧

​サウンドクリエイター:谷英一

サウンドオペレータ―:井上英和

演出:福地海斗

幻ノ國(旧・劇衆 オの組)

第三回公演「竜宮城の山羊」

企画制作:劇衆 オの組

​提携:アトリエ銘苅ベース

協力:Team Jasper+

​2018年度アトリエ銘苅ベース提携カンパニー採択

幻ノ國(旧・劇衆 オの組)

第四回公演「贋者の鐘」

『贋者の鐘』

​作・演出 福地海斗​

​ 劇団初の都心公演。

ユゴー作・Notre-Dame de Parisを手がかりに、演劇・戯曲を題材に取り上げ、その中に生きるニセモノたちの葛藤を描いた作品。この公演を区切りに劇団名を「幻ノ國」に改名し、再スタートを切る。

キャスト​​

飯島瑛里

白水英宣

石田哲也

大塚彩咲

二瓶大河

土佐林清美

三木早夏

田中翼

菊池友美

福地海斗

​制作

衣装:中村利行

写真:あんパン

音楽監督:大上宗人

フライヤーデザイン:松河直美

​サウンド:福地海斗

サウンドオペレータ―:井上英和

​ライティング:柳田充(LEPUS)

演出:福地海斗

 

『オトオト』

​作・演出 福地海斗​

​ 新体制『幻ノ國』初のツアー公演。これまでの世界観に圧倒的な運動量とセリフ量を加え、新たなメンバーを迎えた第5回公演。音と洞窟をテーマに幻想的な世界を作り上げた。

キャスト

平良 聡一郎

 石田 哲也 

    塚越 華  

 白水 英宣  

 宮本 海 

​ 田中 翼 

      福地 海斗            ​

平良 莉子

          平安 咲貴(演劇プロジェ​クトroute.©️​)

         橘 享(トリコロールケーキ)

加藤 真悟 

幻ノ國 

第五回公演「オトオト」

スタッフ

照明  棚原 栄作

音響  井上 英和

効果  福地 海斗

衣装  中村 利行

道具  白水 英宣

宣伝美術 福地 海斗

 写真     中村 正行

       提携 アトリエ銘苅ベース

​企画/制作  幻ノ國

© 2019 maboroshinokuni