​幻ノ國 第7回公演

​「夜叉姫」

  大地が赫く燃える時、少女は一人、夜叉となる」

泉鏡花作『夜叉ヶ池』を
現代にコンバートし、誤読・誇大解釈を加えた新作
『夜叉姫』


舞台は、日照りに苦しむ国
「イッポン」

【あらすじ】

度重なる飢饉と日照りに蝕まれゆく国〈イッポン〉。

イッポンの気象予報庁〈僧〉の底辺〈木魚〉は、
毎日、天気予報を行い、

雨を降らせようと祈念する日々を過ごしていた。

いくら祈れども一向に雨の降らない現世への憂いから、

ある日〈木魚〉は、自ら「即身仏の雨降れ坊主」となって、

その功徳を以って雨を降らせようと決意するのであった。

首を吊ろうとするその最中、

〈木魚〉は謎の奇婦人・〈ソバメ〉から

ある依頼を引き受けることとなる。

それは、一月後の十五夜の晩、

雨乞いの人柱となる宿業の王女・〈夜叉姫〉の身代わりになる

というものだった。

しかし、ひょんなことから
『身代わり』と『身代わられ』
の立場が入れ替わってしまった二人は、

世直し一揆の『打首一揆』とその討伐隊『極道奉行』の旗を

担がされることとなる。

両者の対立は次第に激化し、
やがて国ぐるみの抗争へと変貌を遂げ………

  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン