​幻ノ國

 主宰・福地海斗を中心に、2016年八王子で結成。

目に見えないモノをテーマに創作活動を行う。

 2017年3月、旗揚げ公演「七一年目の桜」を上演。

 同公演が反響を呼び、2017年9月に第2回公演「落陽の黙示録」を上演。

 2018年夏、アトリエ銘苅ベース提携カンパニーに採択され、

同劇場にて第3回番外公演「竜宮城の山羊」を上演。

 2019年3月には、初の都心公演である第4回本公演「贋者の鐘」を

池袋シアターグリーンにて上演。

同公演を区切りに劇団名を「幻ノ國」に改め、新体制のもと再出発する。

本年は2年連続でアトリエ銘苅ベース提携カンパニーに採択。

9、10月に東京と沖縄で初のツアー公演「オトオト」を上演した。

​幻ノ國通信「幻ノ便リ」

​幻ノ國では、月3回、日曜日に幻ノ國通信「幻ノ便リ」をメルマガ会員限定で配信しています。

主な内容は

劇団の最新情報、公演情報、チケット、物販情報 など。

​劇団をより深く知りたい時や観劇の際など、是非お役立てください。

また、「幻ノ便リ」限定で

劇団員によるコンテンツ、主宰・福地海斗によるメルマガ限定の短編戯曲など

メルマガ会員しか見ることのできない様々な企画も掲載して参りますので

是非登録をお願い致します!

メルマガ配信を希望される方は以下のフォームにメールアドレスをご記入ください

​幻ノ國公式SNS
  • Twitter
  • Instagram